自閉症の娘

自閉症のお子さんを持つ親御さんは、成長の遅い我が子を見て、いつか自発的に大きく成長することがあるのか?とハラハラしていると思います。その答えは「あります」と自信を持って回答できるお話です。

自閉症の娘

今回は、あまり自閉症とは関係のない話かもしれません。娘がパパママや他人にする不思議な質問をまとめてみました。繰り返しますが、あまり自閉症とは関係ありません。

自閉症の娘

今回は、自傷行為に対して行った対策をご紹介します。ただし、この自傷行為の問題は未だ解決に至っておりませんので、解決策ではなく奮闘記として読んで頂けると幸いです。

自閉症の娘

自閉症の娘が体を掻きむしる件について第一章としました。何故かと言うと、この件まったく解決していないのです。好転するのか悪化するのか分かりませんが、継続的にレポートしようと思います。

自閉症の娘

療育センターでの勉強会も数を重ねて、日々の生活に取り入れ慣れてきた2017年2月頃、引っ越しをしました。なるべく自閉症の娘に合わせたリビング構成にしたのでご紹介します。

自閉症の娘

娘が自閉症と診断された2016年は、我が家によって波乱の年でした。そんな2016年が終わり、2017年初頭、ある意味昨年よりもパパにとって波乱の幕開けとなったのです。幼稚園の男子に娘が初恋しました。

自閉症の娘

前回、2016年11月の療育センターでの勉強会の話を書いたのですが、その前に幼稚園のイベントがあったことを忘れていたので、それも書いておきたいと思います。娘もパパママもみんな人生初の運動会です。

自閉症の娘

今回の勉強会は、「ウィング博士の3つ組」の特徴について深く学んだ回です。娘にも見られる自閉症の"あるある"を見つけた時、立ち位置が明確になり、少し安心した記憶があります。

自閉症の娘

娘が自閉症スペクトラム障害の診断を受けた直後から、お医者様やソーシャルワーカーの方から、療育手帳の取得申請を勧められていました。しかし、、親としては少々複雑な思いもあって躊躇しています。

自閉症の娘

1回目は勉強会資料をほとんど進めることはできなかったので、なるべく主導権を臨床心理士の先生に渡そうと思って挑んだ2回目の勉強会です。この回は自閉症の基礎学習と言える内容を学びました。