独り言

毎分エラーログを吐き出していた「Pz-LinkCard」の代わりになるプラグインを探していたら、Luxeritasはテーマごと変更したらシンプルデザインのブログカードがデフォルトでついてくるのを知りました。

自閉症の娘

前回、2016年11月の療育センターでの勉強会の話を書いたのですが、その前に幼稚園のイベントがあったことを忘れていたので、それも書いておきたいと思います。娘もパパママもみんな人生初の運動会です。

自閉症の育児法

自閉症スペクトラム障害をもつ子どもの多くは、席にじっとしていられない性質があります。落ち着きがないと言ってしまえばそれまでですが、一言で説明するわけにはいかない、しっかりとした理由があるのです。

自閉症の育児法

自閉症スペクトラム障害の子供は、時間の概念を習得することも困難な物事のひとつです。時間の約束を守らせるにはどうしたら良いのか、それは時間や数字を触れられる、見える物体に変えることがポイントでした。

自閉症の娘

今回の勉強会は、「ウィング博士の3つ組」の特徴について深く学んだ回です。娘にも見られる自閉症の"あるある"を見つけた時、立ち位置が明確になり、少し安心した記憶があります。

自閉症の育児法

親が自閉症と認識していないと、食事を摂らない、言う事を聞かない、突飛な行動をする我が子を見て叱ることがあると思います。この叱り方を間違ってしまうと、二次障害を引き起こす可能性があります。

自閉症の育児法

自閉症の育児法について、前回の会話術に続いて今回は食事です。うちの自閉症の娘に関しては、偏食であり、小食であり、食事そのものへの意欲が低く、食事を終えるまで相当な時間を費やしていました。

自閉症の育児法

療育センターでの勉強を通じて、自閉症の子供の育児法について様々学びました。自閉症の娘に効果的だった方法が沢山あったので、シェアさせて頂きたいと思います。今回は自閉症の子供との会話です。

自閉症の娘

娘が自閉症スペクトラム障害の診断を受けた直後から、お医者様やソーシャルワーカーの方から、療育手帳の取得申請を勧められていました。しかし、、親としては少々複雑な思いもあって躊躇しています。

自閉症の娘

1回目は勉強会資料をほとんど進めることはできなかったので、なるべく主導権を臨床心理士の先生に渡そうと思って挑んだ2回目の勉強会です。この回は自閉症の基礎学習と言える内容を学びました。